Loading...

薄毛になってしまう原因とは?

薄毛に悩まされる男性日々の暮らしの中で頭髪の薄毛が生じると、精神的にも大きな悩みを抱えることになります。
頭髪の変容はそのまま外見の大きな変化へとつながり、まだ20代や30代という若さながらもすっかり老けて見られてしまうなどのデメリットも非常に多いものです。

さらに仕事やプライベートで人と会う機会が多い場合には、話している最中にどうしても相手の目線や動きが気になり、自分の容姿に引け目を感じてしまうものです。
言いたいことがなかなか言い出せなかったり、目立ちたくないという気持ちが先行するなどして性格的にも大きな変化が芽生えてしまいます。
こう言った症状を改善し、もう一度、精神的にも健康で活発な自分を取り戻したいと考えるならば、適切な薄毛改善を目指してケアや治療を行う必要があるでしょう。

そのためにはまず、薄毛を引き起こすメカニズムについて知っておく必要があります
これには複数の可能性がありますが、その中のどれに自分が属するのかを把握して、それに対して有効な改善策を模索していけば良いのです。

薄毛を引き起こす原因

薄毛になる原因には様々なことがありますが、薄毛が気になりだした時点で毎日の頭皮のケアをすることが重要となっていきます。
頭皮を不衛生にしておくことや、毎日の食事などによっても薄毛になってしますことが考えられるので、これからご紹介することを参考にして薄毛を改善してみてください。

頭皮の衛生面

例えば第一に挙げられるのが頭皮の不衛生な状態による薄毛です。
人は成人を迎えると男性ホルモンの働きが活発化することで頭皮に大量の皮脂が分泌することがあります。
これらをそのまま放置していると周辺の角質やフケなどを巻き込んで頭皮に付着したり、あるいは毛穴をふさいで頭髪の成長を阻害してしまうケースが生じます。
この場合、頭髪が伸びる行く手を遮ることも問題ですが、それ以上に毛穴を通じての酸素吸収が困難となります。
細胞分裂に必要な酸素を得ることができなくなってしまったり、さらには毛穴詰まりが頭皮を硬くさせ、これが血行悪化につながることも頭髪にとって悪影響を及ぼします。

生活習慣

また、生活習慣が薄毛をもたらすことも極めて顕著な例として知られています。
世の中にはちょっとしたことで皮脂分泌や血行悪化が引き起こされるものがあります。
例えば仕事や人間関係で緊張を強いられる局面が続くとストレスが募り頭皮の皮脂分泌が悪化します。
それに睡眠不足はホルモンバランスを崩したりストレス解消の機会を逃すことにつながります。
さらに食生活の偏りやニコチンやアルコールの過剰摂取も同じく悪影響を及ぼすもの。
日頃からこれらに気をつけることも大事ですが、病院での薄毛治療ではこれらの生活習慣を見直して是正を求める医師の生活指導も行われます。

薄毛の原因AGAとは?

AGAとは男性型脱毛症、すなわち薄毛になる病気の発症です。
最近では薄毛の原因の中でも最もよく話題にのぼり、病院の掲示物やテレビのCMなどでもおなじみになってきている病気です。
これにはまず親からの遺伝による影響などが考えられ、つまり従来の薄毛を巻き起こす生活習慣や頭皮のコンディションなどとは全く異なるメカニズムによって頭髪が抜け落ちていくことになります。

その流れを見ていきましょう。
まずは体内の精巣にて作り出された男性ホルモンが体を巡る中で頭皮にある5αリダクターゼという特殊な酵素と出会って反応を引き起こします
そして出来上がるのがDHTという物質です。
これが直接的に頭髪の成長サイクルを乱して薄毛を進行させる元凶となりますが、そこにはもう一つ、アンドロゲン受容体という要素の働きが関わってきます。

このアンドロゲン受容体は本来は誰でも持っているものですが、いざAGAを発症するとこの分量が通常よりも増加してしまいます。
これは毛母細胞などが同居する毛乳頭の内部に内包されたものですが、いざ男性ホルモンと5αリダクターゼがDHTを分泌するとこのアンドロゲン受容体がこぞってその存在を感知して過剰な反応を始めます。
これによって毛乳頭は近くの毛細血管から栄養分を補充するのをやめて、極度の栄養不足に陥ります。
となると毛母細胞には細胞分裂に必要な栄養分が補給されなくなり、これまで成長期にあって健康的に細胞分裂を繰り返していた毛母細胞は次第に動きを鈍化させます。
いつしか退行期を経て頭髪そのものも抜け落ちて休止期へ突入してしまいます。

本来ならば、成長期が終わり、退行期が過ぎ去った後は抜け落ちた頭髪の後からまた新たな頭髪が顔をのぞかせるものです。
毛母細胞の活動の鈍化はそうした成長さえも鈍くさせ、退行期が過ぎ去った後には休止期が訪れ、このまま頭髪の全く生えない休止期が長らく続くことになるのです。
つまり薄毛はこのような休止期の状態が長引くことで頭皮の地肌が見える状態が定着化してしまうことによって引き起こされます。
これを改善するには退行期や休止期をもう一度、元気な成長期の状態へと導いてあげることが重要です。

薄毛を改善するには治療薬の使用がおすすめ

それでは、こうして引き起こされた薄毛を改善するにあたってはどのような対策や治療方法が有効なのでしょうか。
まずは頭皮の汚れを除去や環境改善するにあたってはシャンプーなどを自分のコンディションに適したものに変えましょう。
あるいはヘッドスパなどで頭皮の毛穴の汚れをきれいに除去して栄養分を十分に吸収させるという方法があります。
これらは医療機関などでも設備の備わっているところであれば施術の一環として行ってくれるものも数多く存在します。
こうして頭髪の成長を活発化させることで退行期や休止期から逃れて成長サイクルを改善してあげることも可能です。

また、もしも生活習慣が原因で皮脂分泌や血行悪化などを媒介とした薄毛が生じているのであれば、これらをしっかりとチェックして生活改善を心がけることで抑えることができます。
医療機関でも医師の問診や触診などで問題点を見つけ、つぶさに指導することで自らも意識的に生活を心がけることが可能となるでしょう。

そして医療機関において今最も対策が求められているものがAGAという症状です。
そのメカニズムに関しては既に見てきましたが、これを改善するにはまず医師の手による薄毛治療薬の処方が必要となります。
その上ではまずAGAの発症を確定するための血液検査や遺伝子検査が必要となりますが、これらにおいてその可能性が濃厚となると、主に飲み薬や塗り薬といった薄毛治療薬を用いることで対策が始まります。

プロペシア

まず、よく知られるものとしては飲み薬タイプの薄毛治療薬のプロペシアが有名です。
これは1日1錠ずつを服用する錠剤ですが、内包されているフィナステリドという成分がAGAの改善にも大きな効果をもたらすこととなります。
このフィナステリドはもともと前立腺肥大症の治療薬を開発中の治験にて発毛効果が認められたことによって発見され、その後の研究開発が続けられてきました。
その効能を基にして治療薬として誕生したのがプロペシアです。

これを服用すると、フィナステリドの大きな効能として頭皮にある5αリダクターゼという特殊な酵素の働きを抑制する事が可能となります。
そうなると男性ホルモンとこの酵素が互いに反応してDHTという物質を作り出す分量も減少し、これらがアンドロゲン受容体と反応する量も大きく減ることとなります。

本来、AGAはこのアンドロゲン受容体が反応して栄養分の補充をストップさせることによって引き起こされます。
プロペシアの服用はこう言った毛乳頭の過剰な反応を改善させ、毛母細胞が正常な成長サイクルにて細胞分裂を続けることを可能にします。
このようにして頭髪が成長期を続けて健康的に育つことで薄毛を大いに食い止められることになるのです。

ミノキシジル

さらにこれらの医療機関にて処方される薄毛治療薬にはもう一つミノキシジルという成分を配合した塗り薬タイプのものが存在します。
プロペシアがAGAの発症や進行を食い止めることで抜け毛を改善するものであるとするならば、このミノキシジルは発毛や育毛を促進することに主眼を置いています。
これを薄毛の発症した頭皮に塗布すると、その周辺の毛細血管が拡張され、これまでの血流量がさらに上昇してより多くの血流に乗せて栄養分が過不足なく補充される状態が維持されるようになります。

この薄毛治療薬を使うと、AGAやあるいはその他の血行悪化によって栄養分が行き渡らなくなっていた症状からうまく脱却する事が可能となります。
すると成長期の頭髪に関してはそのまま成長に必要な栄養分をそのまま維持しつつ供給を続ける事ができます。
またその量が減少して成長期が退行期や休止期へと陥ってしまっている場合にはこれを食い止めて、退行期や休止期を再び水戸の健康的な成長期へと引き戻してくれるようになります。
このようにして毛母細胞が復活し、元の活発な細胞分裂を繰り返すことができるように作用するのです。

このプロペシアとミノキシジルの組み合わせは、数ある薄毛治療薬の中でも最も代表的なものと言えるでしょう。
これらは決して即効性があるわけではありませんが、毎日のように続けて使い続けることによって早い人だと数週間で変化が見られます。
数ヶ月で頭髪にハリやコシが生じ、さらには毛量の面でも徐々に改善効果が見られていくことでしょう。
そのためにも地道に根気強く服用と使用を続けていくことが大切です。

治療薬の使用以外の改善方法はある?

こうしてみてきたように、薄毛を改善するにあたっては病院から処方される薄毛治療薬の使用が一般的です。
ただし薄毛治療薬を使う以外にも、すでに見たようにシャンプーなどで頭皮の汚れを除去するだけで効果が出るものもあります。
頭皮のかゆみが出たらヘアケアをすることを忘れないようにしましょう。
フケやシラミの様な汚れが薄毛の原因になっている場合があるからです。
市販の薬局で販売されている育毛剤を使用することで頭皮環境を活性化させたり、毛穴から栄養分を補充できるタイプのものもあります。
また、もちろん常日頃の生活習慣を見直して頭髪に影響を及ぼす部分をきちんと修正していくことも欠かせません。

その上で、さらなる改善方法を模索したいのであれば、もう一度医療機関における専門治療へと目を向ける必要があるでしょう。
クリニックによってもその手法は大きく異なりますが、薄毛治療専門クリニックと銘打った医療機関であれば、薄毛治療薬の処方以外にも注射を使った改善方法を提供しているのが一般的です。
これは頭髪を復活させるのに効果的な成長因子や栄養分をカクテル上に混ぜ合わせたものを頭皮に注射し、頭髪の成長及び毛母細胞の活発な細胞分裂を促します。

その種類や中身の成分にも様々なものがあり、さらに注射方法にも違いがあるので、まずは細かな説明を受けた上で選択し、決定することが大切です。
とはいうものの、本来の飲み薬や塗り薬などの薄毛治療薬を用いた治療法に比べると頭皮に直接的に薬剤を注射することによって大きな改善効果を期待することができます。
現に注射して早い段階から頭髪の変化を実感することが可能となるでしょう。

植毛治療

さらに医療機関では植毛技術を用いた対策方法も提供しています。
これは健康的な成長期にある自毛を選り分けてその根元の部分から丁寧に掘り起こし、これを薄毛部分に同じ小さな穴を開けた部分に植え付けていくというものです。
これがすでに退行期や休止期を迎えた状態の頭髪であれば効果がないので、その選択の過程も極めて重要となります。

このようにして成長期にある頭髪を新たな部位に植え付けると、あくまでも自分自身の頭髪であることからそこへの定着率が高いのです。
うまく根を張って自分自身の力で育つようになり始めると、そのまま一生ものの頭髪として成長を始めます。
これが人工毛であれば植毛後の定期的なメンテナンスや植え替えが欠かせないものとなりますが、自毛の場合にはこの過程がなくなるのでとても簡単です。

また、自毛植毛においては頭髪の採取や植え替えの際に強い痛みが生じたり、あるいは根元から掘り起こす際などに傷跡が残ることもありますが、その一方で最近ではロボット技術を応用した新技術も一般化してきています。
この新型ロボット技術を用いると、頭皮の状態を全てスキャンして植毛に適した頭髪をつぶさにピックアップしてくれます。
さらにこれらを自動的に採取した上で頭皮に穴を開けて丁寧に植え付けるところまでやってくれるのでとても安心です。
このようにしてあらかじめ機械的に選択された頭髪を植え替えることによって、この自毛植毛で適合性が悪くて失敗するケースも減少することが期待されるでしょう。

再生治療

そして今、薄毛治療の世界の中でも最も最先端を行くと言われる手法が再生医療を使った方法です。
これは薄毛に陥った人の毛母細胞を人工的に増殖させて頭皮へと戻し、その経過を見ていくというもの。
もちろんこの毛母細胞は AGAを発症していない極めて健康的なものですので、それからの成長する過程でもすぐに退行期や休止期へと陥ることなく、成長期のままに毛母細胞の細胞分裂を過不足なく続けていくことが可能となります。
まだ研究段階にあってより良い治療法の発展が求められているこの手法ですが、最近の薄毛治療の世界では大きな可能性の宝庫とも言われています。
これが今よりももっと定着化するとこれらの世界でも劇的な効果が得られるようになることでしょう。
ゆくゆくは退行期や休止期に陥ることなくずっと成長期のままであり続ける健康的な頭髪が誕生することもあるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly
  • LINEで送る